求人についてのことです。

意外と知らない求人票に書かれてある言葉の意味

求人についてのことです。 求人票に当たり前のように記載されている言葉の意味が意外と知られていないそうです。そこで今日は、今さら人に聞けない求人票に書かれている言葉の説明をしていきたいと思います。まずは、初任給です。初任給と基本給を同じと思っていらっしゃる方も多いようですが、初任給と基本給は違います。基本給に手当などを加えたものが初任給です。また、手当の中にも通勤費であったり住宅手当であったりとその会社や人によって様々です。基本給は、ボーナスや退職金の金額のベースとなるものになります。ボーナスの事も求人票では賞与と書かれています。

次の言葉は福利厚生です。言葉としてはよく耳にしているとは思いますし、一般的には、会社で働くことで得られる給与以外の援助やサービス等の事を言いますが、まず実際に具体的にどういうものを福利厚生というのかを説明していきたいと思います。まず福利厚生は2つに分かれていて、1つは、社会保険制度、もう1つは、企業ごとに設けている制度です。社会保険制度とは、健康保険、厚生年金保険、労働者災害補償保険、雇用保険等で、もう1つの企業ごとの制度は、社宅、寮、社食、食堂、保養所などがあります。最近は、社員は無料の社食があったり、レストラン顔負けのメニューや景色が楽しめる社食等、社食に力を入れている企業も多く見受けられます。また、別荘地に会社の保養所を所有している企業もあり、格安で別荘地に宿泊することもできます。求人票にはそこまで詳しく会社の福利厚生の内容の記載はないかもしれませんが、入社後はお得なサービスが受けられるかもしれないので、しっかりチェックしましょう。

Copyright (C)2022求人についてのことです。.All rights reserved.