求人についてのことです。

有効求人倍率がやっと回復

求人についてのことです。 ここ最近就職が厳しいとずっと言われ続けていましたが、アベノミクス効果で最新の有効求人倍率がリーマンショック前とほぼ同じ水準まで回復してきているようです。数年前までは書類だけで面接さえもたどりつかなかった状況が、今は一次面接まで進む人の率もかなり上がってきているようです。また今後の成長が見込まれるIT企業や介護の分野は、慢性的な人手不足となっていて、育成体制が整えきれてない所も多くあり、教育も担えるベテラン層を求める動きも出始めているようです。経験豊富な40から50代が再評価されつつあるようですね。

また、女性が安心をして子供を産めて育児と両立しながら働くことができる環境を整えた企業も増えてきているので、女性がますます働きやすくなりそうです。特にIT業界は、一見男性が多いイメージですが、女性の高いコミュニュケーション能力やきめ細かいフォローや責任感の強さが重視され、女性にもチャンスが広がっているようです。今まで女性は、せっかく築いたキャリアを結婚や出産により諦めざるをえない部分もありましたが、最近は、ワーキングマザーの力に期待する企業が増えつつあるようです。女性の活躍推進が進む企業ほど経済指標が良いという調査結果多数あります。もちろん女性だけが優遇されるのではばく、男女問わず、働く全ての人が無理なく、肩身の狭い思いもすることなくいきいきと働くことができる企業が増えることが一番ですよね。

Copyright (C)2022求人についてのことです。.All rights reserved.